お知らせ

舌小帯短縮症を手術をしないで舌トレーナーで引っ張って切って伸ばす方法、手術をすると必ず癒着するから

舌小帯を舌トレーナーで引っ張って裂けて伸ばす方法

舌小帯を引っ張って裂けてもオトガイ舌筋は出ない

舌小帯は粘膜の上にある結合組織の二層構造だから

舌小帯を舌トレーナーで引っ張ると限界を超えると上下に裂ける。

更に引っ張ると、裂けた舌小帯は上下に伸びていくが、舌小帯の下の組織は別の粘膜組織なので切れません。

つまり、裂けるのは舌小帯のみで粘膜は裂けません。

舌小帯をハサミで切ったり、レーザー切開しないので舌の筋肉(オトガイ舌筋)が露出しないので癒着しません。

この方法は、舌小帯形成術(舌小帯伸展術)の際に、舌先に糸を通し上に引っ張ると「ブチッ」という音と共に舌小帯の表層は裂けます。

その際には出血はありませんが、痛みは瞬間あります。(出血も一瞬です。)

でもすぐに痛みはなくなります。

このことをヒントにもしかすると舌小帯はが短と組織が繋がっていないことが分かる。

また、舌トレーナーは舌の筋肉(オトガイ舌筋)が短い舌小帯によって萎縮したのを引っ張って筋トレで治します。