お知らせ

舌小帯短縮症の手術 大人

舌小帯短縮症の手術の保険診療は口腔外科の舌小帯形成術だけ!

注)歯科医が行うレーザー切開や舌小帯外来で非常勤小児科医が行う舌小帯切開や舌癒着症は保険診療ではありません。

舌小帯形成術

1.消毒と表面麻酔

2.局所麻酔をする

3.舌小帯を上に引っ張り挙げる(舌先に糸を通して引っ張り挙げる)

4.舌小帯の真ん中をハサミで切る

5.ダイヤモンド型に傷口が広がる

6.縫合する

舌小帯形成術のメリット

舌小帯形成術で舌先に糸を通して引っ張り挙げると「ブチッ』という音がして、舌小帯の表層の固い部分が裂けます。実は、舌小帯短縮症の手術はそれだけでいいのです。しかし、舌先に入り込んでいる舌小帯は先割れの原因になるので、舌先の舌小帯が付着している部分は撤去する必要がある。

舌を伸ばした状態で舌小帯を切って縫合するために舌が伸びた状態になる。

レーザー切開や総合病院の舌小帯外来の非常勤小児科医の舌小帯切開に比べ、傷口を縫合するために瘢痕と癒着は少ない。

舌小帯形成術のデメリット

舌小帯を切るために術後舌小帯が太くなる。

それによって術後舌トレーナーで引っ張っても舌小帯はあまり伸びなくなる。